たかおか共創ビジネス研究所第3期
高岡市/富山大学

たかおか共創ビジネス研究所の背景About us

「たかおか共創ビジネス研究所」の趣旨及び必要性

高岡市のまちづくり

北陸新幹線が開業し、高岡市のまちづくりは次のステージへと移行し、まずは、北陸新幹線開業がもたらした観光、経済交流等の開業効果を活かしたまちづくりを進めることが挙げられますが、中心市街地活性化や少子高齢化社会、人口減少社会におけるまちの魅力向上など、これまでの行政課題を解決するための取り組みもあわせて求められています。

これからの時代、本市のまちの活力を持続していくためには、本市の特徴である、歴史文化資産、ものづくりを生かすとともに、高岡駅前東地区再開発事業、公共交通網などのコンパクト&ネットワークの都市構造の推進、豊かな市民生活を送るために必要な行政サービスの提供等、「ハレ」と「ケ」の対策を両輪として官民が一体となって進めることが必要です。そのためには、本市の行政課題を企業と共有し、行政課題を新たなビジネスで解決できる仕組み作りが肝要となります。

このような取り組みを進めることが、市民における創業意識への啓発、既存企業の事業拡大につながるとともに、市外の人への本市企業の魅力向上、まちの魅力向上に繋がり、本市が「生活したくなるまち」「働きたくなるまち」として育っていくものと考えます。

プロジェクトの目指す成果

「たかおか共創ビジネス研究所」の実践により、少子高齢化・人口減少によって揺らぎ始めている高岡市の宝である地域資源を理解し・守り・育み・活用する担い手を育成・確保するとともに、地域資源を活かした産業活性化が地域企業人材育成、地域企業の発展(企業が抱える後継者問題や景気低迷期での事業展開等の課題解決)と自立に繋がり、内発型でサステナブルな地域再生と地域力及び地域経済力の向上を成果として期待します。

また、本事業での自治体と市民・地域企業・他協力・後援機関とのネットワーク形成による協働体制は、今後の高岡市の地域づくりシステムの礎となり、「新しい公共」の誕生及び地域課題解決型地域経営の実現に寄与する効果も期待されるとともに、本事業に携わる全ての関係機関のCSVへの転換の第一歩を踏み出すきっかけとなると考えます。

高岡の観光・自然